EPA-style通信

サプリメントを賢く利用しよう

健康のためにはできるだけ脂肪食を減らし、摂取するなら身体によいEPA系の脂肪をとって、EPA体質になりましょう。EPA体質に生まれ変わるだけで、寿命はグンと長くなります。

EPA体質になるためには、さんまやいわし、かつお、まぐろなどEPAを豊富に含む魚を積極的に食べるようにすることです。肉食から魚食へ100%切り替えることができなくても、毎日肉ばかり食べている人は、週の半分以上を魚食にするだけでも効果はあります。
ただし、アラキドン酸体質やコレステロール体質になってしまった人が、EPA体質になるために、必要なEPAを食べ物だけで補おうとすると、カロリーオーバーになる恐れがありますので注意が必要です。

そこでお勧めしたいのが、EPAのサプリメントです。サプリメントなら余計なカロリーをとることもなく、必要な量を摂取することができます。
EPAのサプリメントを選ぶときには、注意すべきことがひとつあります。EPAの含有量です

EPAの含有量に注意

市販されているEPAのサプリメントは、含有量が5~20%のものが主流のようです。たとえば、EPA含有量が5%ということは、残りの95%は別の脂肪酸ということになります。脂は脂にしか溶けないため、残りの95%は別の脂肪酸で補っているためです。
もし、EPA以外の脂肪酸がリノール酸系や飽和脂肪酸系だとしたら、サプリメントをとる意味がなくなってしまいます。

したがって、サプリメントを選ぶときは、できるだけEPA濃度の高いもの、そしてアラキドン酸系脂肪の濃度が低いものを吟味してから購入することが大切です。

メディカルサロンの「EPA&DHA」は、EPAを45%以上という抽出限界の最高濃度で含有しています。そして、悪性の脂肪酸は検出限界以下に抑えてあります。
さらに「EPA&DHA」には、脳細胞に働いて、記憶力を高めたり認知症防止に役立ったりするDHAが10%以上含まれています。

1日2~4カプセルを目安に服用すると、血栓およびボケの予防対策として大いに力を発揮します。

このエントリーをはてなブックマークに追加