EPA-style通信

夏バテを解消する

暦の上ではすでに秋ですが、実際は夏真っ盛り。暑い日が続き、夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。

夏バテの原因は環境ストレスによるものですが、これに拍車をかけるのが自律神経の不調です。日がな一日クーラーの効いた場所と炎天下を行ったりきたり・・・。署さのせいで食欲がない、決まったものばかり食べてしまう・・・。こうした生活が続くと、自律神経が環境の変化に対応できなくなリバランスを失ってしまいます。
疲れがとれない、だるい、頭痛、肩こりなど、これらはまさに自律神経に不調をきたしている夏バテの症状です。

暑さに負けず上手に夏を乗り切るには、規則正しい生活を送ることこそが最良策。十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、今年は夏バテ知らずといきましょう。

暑いからといって、冷たいものばかりでは胃腸もヘトヘト。胃腸を弱らせては夏バテまっしぐらです。EPAで血流をよくして、カラダを内側からあたためてあげましよう
夏バテ予防、EPAが豊富・・・とくれば鰻を思い出しますが、しょうがをたっぷりきかせた『さばのみそ煮』もおすすめです。しょうがの食欲増進作用、みその豊富な栄養分(良質のタンパク質、ビタミンB2、リン、カルシウム)、さばに含まれるEPAと力リウムは、夏バテに特に効果があるといわれています。
さらに、『さばカレー』もおすすめです。EPAたっぷりのさば缶を使って、簡単に作ることができます。カレーのようなピリ辛料理は、血行を良くし、発汗を促し新陳代謝を盛んにします。冷蔵の冷えにより起こったむくみやだるさといった症状も、新陳代謝の回復により徐々に改善されていくでしょう。

以下、夏バテ防止に役立つ食品を紹介しますので、積極的に摂るようにしましょう。

夏バテ防止に役立つ食品
ビタミンB1 糖質や脂肪が身体の中でエネルギーになるとき、潤滑油としてはたらきます。 大豆、ごま、玄米、麦、のり、胚芽米、豚肉、牛乳、レバー
ビタミンC 暑さだけではなく室内と屋外の温度差というストレスに対し、抵抗力の強い身体づくりにかかせないビタミンです。
みかん、いちご、プロッコリー、ほうれん草、ピーマン、いも類、豆類、緑茶

 

このエントリーをはてなブックマークに追加