EPA-style通信

やせにくい身体から、やせやすい身体へ

体脂肪を落とすには、脂肪分解に必要な化学反応がスムーズに行われなくてはなりません。
そのためには、脂肪を落としたい部位に、血液が豊富に流れていることが絶対条件です。脂肪分解に必要な成分は血液によって運ばれますし、脂肪が分解されてできた脂肪酸や化学反応によって生じた老廃物は血液によって排出されるからです。

要するに、ダイエットを成功させるには、俗にいう「血液サラサラ」の状態であることが重要なのです。

血液をスムーズにする代表的な成分といえば「EPA」(エイコサペンタエン酸)です。EPAは青魚に含まれる脂肪分で、血小板が固まるのを抑制したり、血中の悪玉コレステロールを下げたりする働きがあります。

体脂肪を落とすには脂肪が分解されやすい性質であることも重要ですが、EPAをたくさん摂ると、落としにくい頑固な脂肪が、落としやすい柔軟な脂肪へと変わって行きます。
これは、脂肪が身につく際、食事からとる脂肪酸の性質をそのまま受け継ぐためです。たとえば魚をたくさん食べる人には魚の脂肪が、肉をたくさん食べる人には肉の脂肪が、チョコレートをたくさん食べる人にはチョコレートの脂肪がつきます。ダイエットで落としやすいのは魚の脂肪です。すでに固い脂肪が身についている人は、肉やチョコレートを控え、かわりに魚をたくさん摂ることで、体脂肪を溶けやすい性質に変えることができます。

EPAは青魚や海藻類に多く含まれています。青魚は焼くとせっかくの脂が落ちてしまうので、刺身や煮魚で食べるのがおすすめです。食用油であるしそ油(えごま油)や亜麻仁油からもEPAを摂ることができます。ただし、食用油は高カロリーなうえ身体への吸収もよいので、摂りすぎには注意が必要です。

カロリーを気にせず十分なEPAを摂取するには、サプリメントを活用することです。食事で地道に体質を改善するのもよいですが、サプリメントならもっと早くやせやすい身体に変身できます。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加