EPA-style通信

EPAを上手に摂ろう

「EPA」は動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞を予防するほか、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンも予防するといわれています。
EPAを豊富に含む食べ物を食べ、EPA体質になることでこれらの効果が期待できます。
このEPAをたくさん含む食物といえば、青魚です。青魚は体の表面が青い魚を指し、イワシ、アジ、サバ、サンマなどが代表格です。
さらに、青魚には「DHA」も含まれているのも見逃せません。EPAと同様の効果があるほか、DHAには脳の記憶力や学習力を高め、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

積極的に食べて欲しいのですが、ひとつだけ難点を言えば、青魚はEPAが豊富な反面、脂がのっていて酸化しやすいという性質があります。イワシやサンマ、サバは足が速く、せっかく青魚を食べても古い脂だと体内で酸化し、老化のもととなってしまうので、新鮮な魚を選ぶようにしましょう。刺身で食べるのが一番ですが、火を通したときにもあまり時間をおかないようにすることです。

体内で酸化を防ぐために、ビタミンCやビタミンEを多く含む果実や野菜、β-カロテンの多い緑黄色野菜などを組み合わせるのもひとつの方法です。サンマにビタミンCの豊富な大根おろしとレモンを添えるのは、EPAの酸化防止になり、栄養も豊富なのでとても理にかなっているのです。

青魚以外では、日本人が好きなマグロにも含まれているので、マグロの刺身が大好きな人は安心して毎日でも食べてください。トロはカロリーが高いので控えたほうがいいという説もありますが、赤身よりもEPAやDHAをたっぷり含んでいます。寿司屋でトロが食べたいのなら、怖がらずに注文してください。ただし、生活習慣病の人は総カロリーを計算した上で食べるようにしましょう。

ところで、この季節食べたくなるウナギもEPAやDHAを多く含んでいる魚です。高カロリーなので、頻繁に食べるのはおすすめしませんが、夏バテ防止に、たまにはいかがですか。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加