EPA-style通信

見た目の老化も免疫力不足から起こる

カラダの免疫力が落ちると、肌にも影響が出ます。
たとえば、シミ。紫外線を浴びると、私たちのカラダは表皮の中にメラニンとよばれる物質をつくりだして、内側の細胞を紫外線から守ろうとします。紫外線を浴びると日焼けしますが、表皮の細胞は約1ヶ月で新しい細胞と入れ替わるので、通常の日焼けなら1ヶ月ほどで、もとの正常な肌に戻ります。

このような表皮の細胞の入れ替わりは、年齢とともにスピードが遅くなります。その結果、メラニンを含んだ細胞が肌の中に残り続け、なかなか消えずに滞留してしまいます。これが日焼けによる色素の沈着=シミの正体です。

若いころの日焼けによるシミが、30代になって突然出てくるというケースがあります。これは「シミ爆弾」とよばれています。紫外線の影響こより、表皮の中に潜んでいるメラニン細胞に突然変異が起こって増殖したときこ、シミの元になるメラニン顆粒をLして一気にシミができるという流れです。
若いころは免疫機能が働いて変異したメラニン細胞を除去できても、30代になり免疫力が落ちると抑えきれなくなり、一気に爆発してしまうと考えられます。
年を重ねればさらに免疫力が落ちますから、シミもどんどん増えていくのでしょう。

免疫力は食生活と密接な関係にあります。カラダにいいものを食べていれば免疫力はアップしますが、体に悪いものを食べていれば当然免疫力も低下します。
免疫細胞の3分の2は腸に集中し、全身の免疫をコントロールしています。肉などの動物性脂肪ばかりを食べていると腸内の悪玉菌は増え、善玉菌を圧倒してしまいます。便やオナラが臭い人、下痢や便秘を繰り返す人は悪玉菌が強まっている証拠ですので気を付けましょう。

腸内環境を改善するのは、食物繊維を多く含む食べ物そして青魚です。EPAとDHAには免疫力の働きを正常にする効果があります。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加