EPA-style通信

魚の脂肪が理想的な皮脂膜をつくる

肌の乾燥の気になる季節がやってきました。今回は、皮脂欠乏による乾燥肌対策についてのお話です。

脂膜を形成する皮脂の欠乏によって、肌の水分は奪われやすくなります。皮脂は食べた脂肪によってつくられますから、やはり脂肪の摂取量を増やす必要があります。

ここで注意しなくてはならないのが、摂取する脂肪の種類です。牛や豚や鶏などの陸上の動物の脂肪には、パルミチン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸という3つの脂肪酸が多く含まれています。これらには、温度が下がると固まるという性質があります。

つまり、動物性脂肪をたくさん摂ると、それが皮脂として皮膚表面に現れたときに、外気に触れて冷えて固まり、毛穴をつまらせてしまう可能性があるということです。わかりやすくいえば、毛穴にラード(豚脂9がつまっているような状態。まして、常温で固まっているチョコレートやナッツ類の脂肪は、なおさら毛穴の中で固まりやすいことはいうまでもありません。

このように、固まりやすい脂肪は皮脂に向いているとはいえません。

皮脂にもっとも適した脂とは、一体どういう脂でしょうか。それは、寒い冬でも毛穴の中で固まらない脂です。そのような性質を持った脂とは? そう、冷たい水の中で生きている魚の脂肪です。

魚(とくにサバ、イワシ、サンマなどの青魚)の脂肪に多く含まれるのはEPAとDHAという脂肪酸。これらは、低温でもサラサラしていますから、毛穴を詰まらせることはありません。丈夫な皮脂膜をつくり、肌を乾燥や刺激からしっかりと守ってくれます。

乾燥から肌を守るには、肌の外側から水分や油分を補うことも大切ですが、肌の内側からよい皮脂が滲みでてくるよう働きかけることもまた大切です。

滲み出てくる皮脂の成分が変わると、肌質はガラリと変わります。常にサラサラとしたよい皮脂で覆われていれば、肌はつややかにうるおい、乾燥やトラブルとも無縁でいられるのです。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加