EPA-style通信

どうしても肉が食べたいなら・・・

1970年代より前は、肉は高価で自宅ではめったに食べられない食材でした。しかし、1970年代にファミリーレストランやハンバーガーのチェーン店が日本で誕生し、家庭の食卓でも洋食風のメニューが増え、肉を食べる機会がグンと増えました。

1991年から牛肉の輸入自由化が始まり、さらに安く豊富な牛肉が手に入るようになりました。そして、日本人はすっかり肉食になってしまったのです。

さて、肉食で気をつけなくてはならないのは、肉についている脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれているという点です。
飽和脂肪酸は高い温度でないと溶けず、常温ではかたまるという特質を持っています。牛肉や豚肉の脂身をイメージするとわかりやすいでしょう。これらの脂肪を摂ると、体内では溶けずにかたまり、悪玉コレステロールのもととなります。これは毛穴の中でもかたまるので、吹き出物ができやすくなります。

飽和脂肪酸はバターやラード、牛や豚の脂身など動物性の脂や、ココナッツ油やヤシ油など一部の植物油に含まれています。これらのものは、なるべく摂らないようにするべきです。

これらを摂り続けると、コレステロールは増え続け、動脈硬化を悪化させるもとになるということを忘れないでください。
肉を食べ続けている限り、血液ドロドロは増すばかりなのです。

一方で、肉類を食べないとタンパク質やアミノ酸が摂れないのではないか、と懸念する人がいるかもしれません。

しかし、その必要はありません。卵でもタンパク質は摂れますし、豆類と穀類を組み合わせると必須アミノ酸も摂れます。長寿を目指すのなら、青魚+野菜で、体に必要な栄養分をバランスよく摂取して免疫力を高めるのが理想です。

とはいえ、どうしても肉を食べたいのなら、ステーキよりは焼肉、焼肉よりはしゃぶしゃぶをおすすめします。どうしてもステーキを我慢できないのであれば、せめて焼くときの油を善玉脂肪のEPA系の油にしてください。
または青魚を一緒に食べて、トータルの脂肪摂取量の中で悪い油の比率を少なくすれば、短命体質になるリスクも減るでしょう。ただし、そのときは肉を食べる前に魚を食べておくことをおすすめします。

やむを得ないときは食前にEPAのサプリメントを摂ることです。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加