EPA-style通信

目の健康を守る

目に疲れを感じていませんか。10月10日は「目の愛護デー」。目は外からの情報を得るための大切な器官です。

  • 目やにがでる
  • 目がかすむ
  • 目が乾燥していると感じる
  • 視力が低下してきた
  • 肩がこる

などの症状は「目の使いすぎ」の注意信号。また、加齢とともに白内障や緑内障、加齢黄斑変性など目の病気にかかる人も増えています。この機会に目をいたわり、目の病気の原因となる疲労をためない生活を心がけましょう。

  1. 目を休ませる
    パソコンやスマートフォンなどのモニターを見ながらの作業や読書などは、1時間続けたら10分間の休息を。まぶたを閉じて光を遮ったり、まばたきをゆっくりと繰り返して目のストレッチを行ったりするのもよいでしょう。
    また、睡眠は目の疲労回復に欠かせません。毎日しっかりと睡眠をとりましょう。
  2. 目にやさしい食事をとる
    バランスのよい食生活を心がけることはもちろん、目の健康維持に必要とされる栄養素を含む食材をしっかりととりましょう。アントシアニンを豊富に含むブルーベリーや、ルテインを含むほうれん草などの緑黄色野菜、DHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含む青魚などがおすすめです。
  3. 定期的な健検診を
    眼科で定期的に検診を受けるのも忘れずに。また、目に何らかの異変を感じたときや症状が改善しないときには、早めに眼科を受診しましょう。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加