EPA-style通信

青魚食で免疫力が飛躍的にアップ!

免疫力は年齢と共に低下していくものですが、ほとんど病気になったことのない元気なお年寄りもいます。こういう人は免疫力が強いのでしょう。逆に、今の子どもは疲れやすくて、すぐにカゼを引いたりするのは免疫力が弱っているからです。

食生活と免疫力は密接な関係にあります。体にいいものを食べていれば免疫力はアップしますが、体に悪いものを食べていれば当然免疫力も低下します。

免疫細胞の3分の2は腸に集中しており、全身の免疫をコントロールしています。肉などのウェルシュ菌という悪玉菌が増え、善玉菌であるビフィズス菌を圧倒してしまうのです。便やオナラが臭い人、下痢や便秘を繰り返す人は悪玉菌が強まっている証拠です。便秘に悩んでいる人は、薬に頼る前に肉中心の食生活を改めれば改善できるでしょう。

腸内環境が悪化すると免疫力が乱れ、アレルギーが起こりやすくなったり、最悪の場合はガンになります。

また、植物油に含まれるリノール酸は体内で悪玉脂肪のアラキドン酸に変換され、アレルギーや炎症を起こします。つまり、食の欧米化によって日本人の免疫力は相当落ちているのです。

今の日本では子どものころからファーストフードを食べるのは珍しくなくなりましたから、アレルギーやアトピーになる子どもたちが多いのは、食生活に一因があるといわれています。

腸内環境を改善するのは、食物繊維を多く含む食べ物です。そのほか、青魚に含まれる善玉脂肪・EPAは潰瘍性大腸炎の炎症を抑え、下痢に効果を発揮することがわかっています。また、EPAとDHAには免疫力の働きを正常にし、アラキドン酸の働きを抑えアレルギーを抑制する効果があります。

つまり、青魚を食べていれば免疫力がアップし、何歳になっても元気に過ごせるということなのです。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加