EPA-style通信

美味しくて参った!アジのおはなし

青背の魚の代表格アジ。ほぼ年間を通して漁獲されますが、一般的に旬は5月~7月といわれています。アジの種類は百以上ありますが、食用として流通しているものは多くありません。マアジ、ムロアジが有名で、いずれも長崎が漁獲量日本一です。

アジは暖流系の魚で北海道南部以南の日本各地に分布しています。沖合を回遊する群れと沿岸に定着する群れがあり、港から深海まで広い範囲に生息しています。回遊しているアジはクロアジともいわれ、黒っぽく、細見で脂肪が少ないのが特徴。沿岸に生息しているアジはキアジともいわれ、背部が黄色みを帯び、丸々として脂肪が多いのが特徴です。

中でも、湾内や瀬に定着するものは「瀬つき」と呼ばれ、体高があり、身の締りもよく脂がのって美味しいと人気があります。

また、長崎の「ゴンアジ」「旬アジ(トキアジ)」や豊後水道の「関アジ」など、全国各地でアジのブランド化が進んでいて、価格もアジとは思えない別格の値段が付いているものもあります。

淡白でありながら、深い味わい。味のよさから「アジ」と呼ばれるようになった、美味しくて参ったから「鯵」になったともいわれるように、アジのうま味は申し分なく、多くの日本人に愛されています。さらに、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれ、EPAやDHAといったカラダによい成分も多いというもですから、食卓になじみ深いのも頷けます。

アジを選ぶときは、「全体的に丸い」「触ると身が固い」「体面にツヤがり、輝いている」「あまり大きくないもの」がポイント。また、黄色っぽいものと黒っぽいものがあったら、迷わず前者をおすすめします。

日本の食卓のエースといっても過言ではないアジ。刺身のほか、カルパッチョ、塩焼き、フライ、南蛮漬け、煮物など様々な料理でその味わいを楽しむことができます。朝食の友、干物もはずせない一品ですね。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加