EPA-style通信

冷え性=血行不良

女性だけでなく、最近は男性にも増えてきているという「冷え性」。本人にも自覚のない「隠れ冷え性」なるものも多いとか。

体が冷えやすい人のことを「冷え症」という人もいますが、『症』は病気のときに使われますから、正しくは「冷え性」です。「冷え性」そのものは病名ではありません。

「冷え性」とは、体のほかの部分はまったく冷えを感じないような温度でも、手、足、腰、膝など特定の部位のみが特に冷たく感じるというような、冷えを感じやすい体質のことをいいます。

この「冷え性」は、言い換えると「血行不良」ともいえます。病気でないとはいえ、これは重要な体のサイン。体質とあきらめてそのまま放置すると、他の病気を引き起こすことにつながります。むくみ、めまい、肩こり、腰痛、肌荒れなどを引き起こしたり、免疫力が低下するため風邪を引きやすくなったり。さらに女性は、生理不順、不妊などの原因になることもありますから、冷えを甘くみてはいけません。

冷え体質にサヨナラするには、何と言っても血行不良の改善です。血行をよくするには『EPA&DHA』!

体の末端まで十分な血流を促すことはもちろん、体温を上げ免疫力を高める働きがあります。

※症状が重い場合は、貧血、糖尿病、腎炎、心臓病、心不全などの病気がかくれていることもあるので、一度検査をうけることをおすすめします。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加