EPA-style通信

その不調、冷房病かも

この頃どうも体調がすぐれない・・・というあなた。もしかする「冷房病」かもしれません。冷房病の典型的な症状として、カラダの冷えはよく知られていますが、鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪に似たものから、全身のだるさ、食欲不振、下痢、肩こり、腰痛など、人によってさまざまです。

わたしたちのカラダには、環境の変化に適応できるような調整機能が備わってします。ところが、夏場、外と室内の温度差が大きい中を出入りしていると、体温調整機能に関わる自律神経系の働きが乱れやすくなります。この自律神経の乱れが、さまざまなカラダの不調を引き起こすのです。

一般的に女性に多い症状と思われがちですが、最近は男性にも多いようです。女性は、真夏でも上着や厚手の靴下、膝掛けなどを用意している人が少なくありません。ところが男性の場合、まさか自分が冷房病とは思わないため、何も対策をとらずにいて体調をくずすケースがみられます。病状が慢性化しないように、しっかりとした対策が必要です。

服装で自衛するのはもちろんのこと、冷風に直接当たらない、温かい食べ物や飲み物を摂るとなど内外からカラダの中心部を冷やさないことが重要です。入浴もシャワーだけですませず、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加