EPA-style通信

見た目も大切、血管年齢はもっと大切

最近、男女を問わず実年齢より若く見える方が多いですね。盛んにマスコミにも取り上げられて、見る側を驚かせています。

さて、見た目も大切ですが、健康な生活を送る上で重要なのは「血管年齢」です。

血管も年齢とともに老化していきますが、必ずしも実年齢と比例するわけではありません。40代でも血管年齢は60代だったというのは珍しくない話です。

誰でも生まれたときの血管はツルツルしてしなやかな状態です。年をとるにつれ、血管の内側にコレステロールやカルシウムなどがたまってところどころ狭くなると同時に硬くもろくなっていきます。これが「動脈硬化」です。

動脈硬化は病名だと思われがちですが、病気ではなく誰にでも起こる老化現象です。血管が狭くなれば血液の流れも悪くなります。

血液が流れないと栄養分や酸素が体に送られなくなり、細胞が死んでしまいます。その結果、引き起こされるのが心筋梗塞や脳梗塞です。血管の老化はあなどれません。

動脈硬化は、最初の頃は自覚症状がありません。最近の研究では、10代から動脈硬化が始まっているといわれています。血管年齢は検査によってわかりますので、気になる人は一度調べてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加