EPA-style通信

5月病にご用心

ゴールデンウィークを過ぎたあたりからちらほら耳にする「5月病」。進学や就職、または転勤や退職など4月から生活環境が大きく変化したという人におこりやすいといわれています。

新生活のスタート時は、期待もやる気もあります。しかし、日が経つにつれて理想と現実のギャップなどからストレスを感じ、新しい環境に適応できないまま長い休みを迎えると、休み中に一気に疲れが噴き出し、休み明けから理由がはっきりしない体や心の不調に陥ってしまいます。5月病の特徴的な症状は、無気力、不安感、焦りなどで、疲労感、眠れない、やる気がでないなどを訴えます。

このような肉体的、精神的な疲れをためたまま引きずることは、うつ病の引き金になる場合もありますので、日頃からのストレスをためないという心がけが大切です。

環境や性格によるものだけでなく、睡眠不足、不規則な食事、運動不足など生活習慣の乱れも、ストレスへの抵抗力を弱めます。まずは生活のリズムを整え、ストレスに負けない体をつくりましょう。

何となくおかしいと感じたら、体にも心にも早めに休息を与えてください。ストレスを完全に避けることは無理ですから、上手に付き合っていくしかありません。

毎日の「EPA&DHA」もお忘れ無く。EPAとDHAには抗ストレス作用があります

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加