EPA-style通信

カラダにいい油を使いましょう

EPAと聞くと青魚を思い浮かべますが、植物から抽出された油にもEPA系の油があることをご存知でしょうか。

シソ(エゴマ)から抽出された「シソ油(エゴマ油)」、亜麻から抽出された「亜麻仁油」には「α-リノレン酸」という成分が多く含まれています。α-リノレン酸はカラダの中でEPAやDHAに変換される成分で、血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧症、高脂血症、高血圧、がんの発生を抑制する効果があります。

健康油として知られるようになったこれらの油。いずれも少々値段が高いのですが、今では一般のスーパーでも見かけるほどで、手に入りやすくなりました。EPA体質をつくり、維持するためには積極的に取り入れたいアイテムですが、注意しなくてはならないのが熱に弱い性質であるということ。そのまま使うことがキーになりますから、出来上がった料理にかけたり、ドレッシングに使ったりという活用方法がベストです。毎日スプーンに1杯、そのまま飲むというのもよいでしょう。

しかしながら、健康油といっても油は油です。油である以上カロリーを含んでいますので、くれぐれも摂り過ぎにはご注意を。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加