EPA-style通信

今年もやってきました

秋の味覚「秋刀魚」が本格的に出回ってきました。ようやく値段も落ち着き、脂ののった秋刀魚はそのまま塩焼きにするもよし、刺身で食べるもよし、さまざまな料理に相性よしと、この時期、毎日でも食べたい食材です。

さて、秋刀魚といえばEPAやDHAが豊富な魚としておなじみですが、実はほかにも多くの栄養素が含まれていることをご存じですか。必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質や、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンD、赤血球の形成を助けるビタミンB12などなど、子どもからお年寄りまで年齢を問わず積極的に摂りたい栄養素が豊富に含まれています。いかにも、元気になりそうなものばかりで「秋刀魚が出ると按摩が引っ込む」と言われるのもうなずけますね。

最後に秋刀魚選びのポイントをいくつか

  • 体の青紫色が鮮やかで、ツヤがあるもの
  • 目の回りが透明で、赤くなっていないのも
  • 全体にハリがあり、よく太っているもの
  • 口の先や尾の付け根が黄色くなっているもの(これは脂がのっている証拠です!)

栄養素豊富な秋刀魚を食べて、夏の疲れを吹き飛ばしましょう。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加