EPA-style通信

肌のテカリを解消する

アブラギッシュなオイリースキンというと男性の肌を思い浮かべるかもしれませんが、女性にもあぶら取り紙を手放せないほど肌のテカリを気にしている人は多いものです。

こうしたオイリースキンは皮脂の分泌量が多いために起こります。皮脂は、食事からとった脂肪がそのまま分泌されますから、まずは食事からの脂肪摂取量を減らす必要があります。とくに“テカる脂”には、パルミチン酸、ミリスチン酸など動物の肉に含まれる飽和脂肪酸が多いのが特徴です。

「脂っこい料理を食べた翌朝は、肌がテカる」という人がいますが、これは皮脂腺から前日に食べた肉の脂が大量に出てくるためです。

したがって、オイリースキン対策には、脂っこい肉料理を控えることが非常に重要。要するに、肌のテカリを解消したいなら、食生活を改善することです。

テカらないサラサラの皮脂をつくるには、全体的に脂肪の摂取量を減らし、さらに肉食から魚食へと切り替え、調理に使う油もしそ油などのα-リノレン酸系列やオリーブオイルなどの一価不飽和脂肪酸系列のものを使うよう心がけてください。

また、EPAサプリメントを服用して、体内のEPA濃度を高めましょう。EPAの体内濃度が高ければ、多少ミリスチン酸などの肉系の脂肪酸が入ってきても相殺されて、皮脂の質を守ることができます。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加