EPA-style通信

EPAで健康体質を手に入れる

サンマやサバ、イワシなどの青魚に多く含まれる良質のアブラの筆頭格である『EPA』。血液をサラサラにして、動脈硬化、心筋梗塞を予防する、コレステロールを下げる、美肌になる・・・といいことずくめのアブラ、いわば「善玉脂肪」です。

一方、「悪玉脂肪」と呼ばれているのが『アラキドン酸』。炒め物や揚げ物、肉類、お菓子を好んで摂取する人に特に多く蓄積されやすいアブラです。摂りすぎると血管内に血のかたまりができ、血液の流れが滞って動脈硬化を悪化させてしまいます。

このアラキドン酸の脂肪は知らず知らずのうちに体内に摂り入れられています。料理のときに使う植物油はもちろんのこと、マヨネーズやマーガリン、ドレッシング、スナック菓子、即席めんなど数え切れないほどの食品に含まれていますから、これらを日常的に食べている現代人は、大半が血液ドロドロ状態でしょう。

吹き出物や目の下のクマができやすかったり、肩こりや腰痛がひどいという方は、体内に悪玉脂肪が多いと疑ってください。そして、正反対の働きをするEPAを摂って、善玉脂肪を増やし、体の中から健康になる必要があります。化粧品で隠したり、湿布を貼って痛みを緩和させようとしても、所詮は一時しのぎです。体内の善玉脂肪を増やして、悪玉脂肪が減れば、やがて体の中から健康になれます。

EPAで健康体質に!体から悪いアブラを取り去りましょう。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加