EPA-style通信

くすみを取る効果的な方法は?

ニキビやシミのように「ここにできた」という実感はないけれど、なんとなくツヤがない、なんとなく顔色が・・・という「なんとなく」の正体。それが「くすみ」というやつです。

健康的な肌はうっすらと赤みを帯びておいますが、それは血中のヘモグロビンの色が透けて見えるため。ヘモグロビンが十分に存在すると、「血色のいい健康的な肌色」になるのですが、疲れや加齢でヘモグロビンが減少すると肌はくすんだ状態に。また、ターンオーバーが乱れて古い角質層が長く停滞することも、くすみの大きな原因です。そのほか、メラニンもくすみにつながります。

このように、くすみの原因は複合的。解消するには、十分な睡眠とバランスのよい食生活、適度な運動などを心がけると同時に、UVケア、保湿、血行促進のマッサージといったスキンケアを積極的に行うことです。

さらに、脳内疲労をためないことも重要です。1日に10~15分程度、心から楽しめる時間を作りましょう。友人とおしゃべりする、半身浴をするなど、自分がリラックスできる方法であれば、どんな過ごし方もOKです。

そして、毎日の「EPA&DHA」。血行の改善にチカラを発揮します。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加