EPA-style通信

旬の魚を食べよう!

その姿を見れば秋を感じる魚・・・サンマの旬がやってきました。塩焼きをはじめ、刺身、蒲焼、から揚げ、梅煮、マリネなど、日本の食卓にはとても馴染みのある魚です。ほかにも、イワシ、サバ、コハダ、カツオ、シャケなどが秋に旬を迎えます。

最近は冷凍技術や養殖技術が発達し、1年中出回っている魚も多くなりましたが、旬のものは風味、栄養、見た目の美しさなどの点ではるかに優れています。

カツオの旬はイワシ同様、春と秋の2回。春ももちろんおいしいのですが、特にこの時期のカツオは「戻りガツオ」「トロガツオ」といわれ脂がのって美味。

秋のサバは脂がのり、旨みもたっぷり。真意はどうあれ「秋サバは嫁に食わすな」と言うことわざもあるぐらいですから、味に間違いはありません。

産卵のために故郷の川へと戻ってくるシャケもこの時期が旬。別名、秋鮭(あきあじ)ともいわれます。

さて、これらの魚の共通点といえば、EPAやDHAといった注目の栄養成分が豊富に含まれていること。旬の魚は、味も良く、価格も手ごろ。さらに、栄養価も高いとくれば・・・食べない手はありませんね。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加