EPA-style通信

動脈硬化は自分では気づけない

誰でも生まれたときの血管はツルツルしててしなやか。年を取るにつれ、血管の内側にコレステロールやカルシウムなどがたまってところどころ狭くなると同時に、硬くもろくなっていきます。これが「動脈硬化」です。

動脈硬化は病名だと思われがちですが、病気ではなく、誰にでも起こる老化現象です。血管が狭くなれば血液の流れも悪くなります。放っておくと命にかかわる重大な病気が引き起こされることもあるので、血管の老化はあなどれません。

しかも困ったことに動脈硬化そのものには、自覚症状がありません。ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞を起こして初めて、動脈硬化に気づくこともまれではありません。これが静かな殺し屋、サイレントキラーといわれる所以です。

誰にでも忍び寄る動脈硬化の進行を遅らせるには、血液を浄化してサラサラとスムーズに流れるようにすることが重要です。血液をベストコンディションに保つことが、血管の老化を遅らせることにつながります。そのために有効なのがサラサラ成分の『EPA』。EPAは血管が狭くなるのを防ぐだけではなく、弾力性も保ってくれます。

柔軟で、しかも伸縮性に富んだ動脈。そんないい動脈をもち続けたいものですね。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加