EPA-style通信

EPAでエイジングリカバリー

内臓脂肪は血中の糖や濃度を高めて、血液をドロドロにし、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などさまざまな病気を誘発します。こうしたメタボリックシンドロームをもたらす内臓脂肪を効率よく落とすことは臓器を健康にし、若返らせることにつながります。

その内臓脂肪を効率よく落とすテクニックの中でも、最も重要なのが『EPAの摂取』です。

青魚の脂肪に多く含まれるEPAは、落としにくい頑固な脂肪を、柔らかく落としやすい脂肪へと変える働きがあります。同時に、血小板の凝集を抑制して血のかたまりをできにくくするとともに、善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らして、血中のコレステロールを下げる働きもあります。このふたつの作用により、EPAは血液をサラサラにして、心筋梗塞や脳梗塞などの発症率を低下させることがわかっています。

体内の脂肪をEPAメインにすれば、それだけ病気に対する不安は少なくなります。しかも、サラサラの血液によって全身くまなく酸素や栄養素が運ばれるので、すべての細胞の働きが活発になり、身体の内側からみるみる元気に若返っていくのです。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加