EPA-style通信

重要なのは「血管年齢」

見た目も大切ですが、長寿の条件として重要なのは、血管年齢です。

血管も年齢とともに老化していきますが、必ずしも実年齢と比例するわけではありません。40代でも血管年齢は60代だったというのは珍しくない話です。

誰でも生まれたときの血管はツルツルしてしなやか。年を取るにつれ、血管の内側にコレステロールやカルシウムなどがたまってところどころ狭くなると同時に、硬くもろくなっていきます。これが「動脈硬化」です。

動脈硬化は病名だと思われがちですが、病気ではなく、誰にでも起こる老化の現象です。とはいえ、血管が狭くなれば血液の流れも悪くなります。放っておくと狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などが引き起こされることもあるので、血管の老化はあなどれません。

血管の老化の速度を遅らせるには、血液を浄化してサラサラとスムーズに流れるようにすることが重要です。血液をベストコンディションに保つことが、血管の老化を遅らせることにつながります。

そのために有効なのがサラサラ成分の『EPA&DHA』!とくに、EPAは血管が狭くなるのを防ぐだけではなく、弾力性も保ってくれます。

柔軟で、しかも伸展性に富んだ動脈。そんないい動脈をもち続けたいものですね。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加