EPA-style通信

ニキビ

ニキビをつぶすと、白い芯が出てくることがあります。この芯は飽和脂肪酸の塊です。

食べた脂肪が血液をめぐって、毛穴にくっついている皮脂腺に蓄えられます。この皮脂腺から皮脂が分泌され、皮膚の表面に油の膜を作って肌を保護します。しかし、皮脂腺内に飽和脂肪酸が増えると固まってしまい、ひどいニキビになるのです。

飽和脂肪酸を多く含むのは肉類ですが、身近な食べ物では、チョコレートとナッツ類です。チョコレートを食べた翌日やピーナッツを食べた翌日にニキビや吹き出物がよくできる、という経験をお持ちの方も多いことでしょう。飽和脂肪酸が毛穴の中で固まってしまったのです。

これを防止するのが、青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)です。皮脂腺の中に、ほんの少しでもEPAが一定量以上入ると油が固まらなくなります。温度が低い海の中で泳いでいる魚の油は固まりにくいのです。

ですから、肉やチョコレート、ナッツ類、あるいは生クリームなどの乳製品を食べた日には、優秀なEPAサプリメントを摂取してください。ニキビ防止に優れた効果を発揮します。

また、このEPAは、乾燥肌の人にも有効です。その他日ごろから肌のトラブルが多い方は、EPAサプリメントを常用するのがいいと思います。

一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加